オランダの茶色いパン

Digging into the taste of bread in Holland

パイ考 Pasteitje

コメントする

惣菜パンにはあまり種類がないと前に書きました。その考えを少し改めたいと思います。

「日本のパン屋さんで見られるハムマヨパンのような普通のパン生地の惣菜パンがないが、惣菜パンはある」

普通のパン生地じゃないなら何の生地か。それはパイ生地です。

 

その外見に、生まれてから今までの脳内パン記録データがちゃかちゃかと動き、「甘」を抽出してしまいますが、その総菜パイは「インドネシア風」でした。中にはサンバルなどで味付けした挽き肉が入っていました。

パイはオランダ語でPastei。Pasteitjeだと小型のパイという意味になります。日本だとパイ生地はアップルパイとか、ベリー類がのっかったものとか、お菓子パンに多いと思うのですが、オランダではどちらかというと惣菜系パンに振り分けられるようです。1年いたイギリスでも、ペーストリーという名でパイ生地の大型の惣菜パンが各種売られていて、よくランチにしたものです。日本では唯一ミートパイくらいでしょうか。

”Pastei”で画像検索してみたところ形は違えども惣菜パンがずらずら出てきました。”パイ”で検索してみるとお菓子パンがずらずら。形は違えどもそのほとんどがアップルパイでした。パイ生地へのアプローチがまったく違うのは明らかです。オランダでは普通のパン生地を惣菜パンにする発想がないようで、日本では、パイ=甘いお菓子パンの固定概念が強すぎるようです。推測ですが、日本に初めて紹介されたパイはお菓子で、後に甘いものとして発展していったのではないでしょうか。

一方、ヨーロッパでは甘いパイもありますが、食事パイも並行して発展していったのだと思います。普通のパン生地は白ごはんのように素を保って、こしひかりやささにしきのように小麦粉の配合や種類で発展していき、惣菜パンはパイなど他のパン生地で発展していったとか。

日本では食パン、カレーパン、ソーセージパンなどは同じレベルで買うと思うのですが、オランダでは総菜パンを買う機会は食パンほどではありません。ちょっと遠い存在なのか、買うときのシチュエーションや気分も違うようです。少なくともツレのオランダ人は。おかずパンが食べたければ食パンの上に何かのっければいいわけで、わざわざ惣菜パイに手をのばす必要もないというか。表で小腹がすいた時のスナックようです。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中