オランダの茶色いパン

Digging into the taste of bread in Holland

ストーリーのあるベーカリー Le Perron

コメントする

スーパーでお野菜やお米など、毎日口にする食べ物を買う時、ショーケースに無機質に並んでいるものよりも、「地元野菜」や「契約農家さんのお野菜」などのふれこみで、特別にしつらえたコーナーに目がいくことって、よくありますよね。底に新聞紙が敷かれた木のクレートに積まれたお野菜のほうがおいしそう。マーケティングじゃないの?と斜に構えつつも、ついつい手がのびます。単なる商品じゃなくて、その商品に付随するストーリーにひかれているのかなぁ。

支店を出してもその地域だけにとどまるベーカリーが多いオランダにあって、北はレーウワルデン、南はティルブルグまで30店以上を展開しているLe Perronに出合ったのは、星型要塞で有名なナールデンにほど近いブッスムでした。

昔のオランダ人のくらしを伝えるレトロな写真が目を引き、店頭にしつらえたワゴンのバスケットにはフレッシュなバケット。店の中に入ると、田舎風のインテリアに、おいしそうなリーン系のパンがずらずらー。

田舎風ブーランジェリー、スペルト小麦、サワー種、オーガニック。もー、やられてしまう単語ばかりです。Le Perronは、1980年代、ファーマーズマーケットとして有名なアムステルダムのノードマルクトから始まったそうです。店頭の写真は、19世紀のノードマルクトの様子。アムステルダム出身のカメラマンJacob Olieによって撮られた写真で、人々が集うマーケットで昔ながらの製法で焼くパンを届ける――。そんな思いを込めて、この一葉をLe Perronの骨格としたそうです。

次に出合ったのは、ザーンダム駅近くの教会前。

固定したショップと週数回のマーケットでワゴン出店するという2種類の業態だそうで、さすがマーケットからはじまったベーカリーですね。

パンの他にもラスクのようなお菓子、ドレッシング、マスタードなど商品も幅広いので、ビジネス規模はかなり大きいはずなのですが、素朴さを感じずにはいれない雰囲気。いじわるな言い方をすればマーケティングが上手、よい言い方すれば出発当初の哲学を体現していく決意がある。

ハーグで毎週木曜日に開かれるオーガニックマーケットにも出ているので、何回か買ったことがありますが、素材にこだわっているだけあって、際立った特徴はありませんが、信頼できる味です。バケットでも300円以上するので決して安くはありませんが、期待を裏切りません。

日常使いのパン屋ではなく、バスケットを片手に、毎週1回だけ開かれるマーケットを楽しみに買いに行く。そんなベーカリーです。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中