オランダの茶色いパン

Digging into the taste of bread in Holland

Pecanbroodje 焦がしナッツのニクい味

コメントする

ナッツ系のパンの代表といえば、クルミぱん!と叫びたくなりますが(叫ばなくてもいいですが)、ここオランダでは、立体星形をしたクルミぱんはありません。というか、どういう形態であれ、クルミを使ったパンにお目にかかったことはありません。ヒマワリの種、ケシの実とか種子を使ったパンだらけなんですけどね。なぜかクルミはなく。IMG_9559

その代わりというわけではないですが、クルミと同じクルミ科のピーカンナッツのパン、Pecanbroodjeが楽しめます。日本のクルミパンのように生地に練りこむのではなく、ペイストリー生地にトッピングします。

このパンの醍醐味は、メープルシロップでキャラメリゼした焦げ寸前のピーカンの味と食感です。

クルミよりもエグみが少なく、コゲ手前のメープルシロップとよく合うんです。プリンのカラメルとよく似ています。甘さにちょびっと苦味が混じると、途端に大人の味。プッチンプリンじゃなくて、森永の焼プリン。

焦がし系ってなんでこんなにおいしいんでしょうね。

中にアーモンドペーストが入っていることがあります。

IMG_9564

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中