オランダの茶色いパン

Digging into the taste of bread in Holland

季節のスパイスクッキー2 Taai-Taai

コメントする

Speculaas同様、11月の声を聞いた途端に、あちこちのパン屋やスーパーで見かけるお菓子があります。名前はTaai-Taai。ターイターイと発音します。独特の語感で一発で覚えられましたが、Taaiは英語でTough、かたいという意味です。シンタクラースやシンタクラースのお付きのズワルトピートの型にぬかれたビスケットに、これから始まるシンタクラースのお祭り月間への期待も高まります。

かたいといっても、堅焼きおせんべいのガリッと乾いた感じではなく、ぬれせん的な湿り気に、噛みごたえをプラスしたようなビスケットです。

img_0831

味はというと、最初にオランダお菓子ではお馴染のスパイス、アニスシードが口の中をかけめぐり、後でスペキュラース味が残るという、スパイス強め。ペパーノーテンと似ています。それもそのはず、型抜きをした後の生地でペパーノーテンを作ることがあるそうです。

初めて体験する味に、慣れずにさよならするか、スパイスの効いた味がクセになってくるか。オランダ生活になれるかなれないかの関門と、とれなくもない。外国からの人が醤油味に慣れていくか?に似ているかもしれません。

なぜこのスパイスをビスケットに練りこむに至ったか、なぜオランダだけシンタクラースを祝うのか。ひとつのビスケットにも、その国が紡ぐ深~い物語があるのです。

img_0890

スーパーの他、パン屋さんでも売っています

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中