オランダの茶色いパン

Digging into the taste of bread in Holland

オランダのタルト Vlaai

コメントする

パティシエやショコラティエによって創作(”作られた”じゃなく)されたスイーツは、クリエイターズスイーツとも呼ばれ、デパ地下ではアートと見まごうばかりの美しさでショーケースを飾っています。そんなスイーツと比べ、オランダのスイーツはずいぶん素朴。ベイユンコルフなどのデパートに美し系のケーキがあるっちゃーあるんですが、見た目も味もどこか大味。なので、オランダでは同系列ではなく、ならではのスイーツを楽しむことにしましょう。

オランダスイーツの代表といえば、Vlaai(フラーイ)というタルトです。直径は27~30センチという大型で、厚みは約2.5センチ。さっくりとかためのタルト地に、フルーツ、あるいはカスタードクリーム、クランブルなどがのっかります。ドイツからもたらされたといわれており、修道院などでは儀式用のパンとして使われていたそうです。

IMG_6437

フラーイは全国のスーパーなどどこででも買い求めることができますが、出身は南のリンブルグ州。リンブルグ州はベルギーに近いこともあるのか、オランダにしては珍しく人生の楽しみのなかに「食」が入っています。リンブルグ州の都市マーストリヒトも美食の街として知られています。

この前、マーストリヒトに行ってみました。ベルギーに降り立ったのかと思うくらい雰囲気がベルギーに似ており、通りのショーウィンドウが食いしん坊を誘います。

IMG_6199

「なに食べようかな」のワクワク感が自然に湧きあがってきます。小路を通ると気になるパン屋さんがあり、そこでもフラーイがおいしそうに並べてあります。

IMG_6272

ショーウィンドウにはりついていると、同じくじーっと見入っているフランス人女性2人連れと眼が合い、「通り過ぎることはできないわよねー」と目くばせして一緒に中に入りました。

リンゴ、リンゴとサクランボ、イチゴ、クランブル、カスタード…。あぁどれもおいしそう。決めかねて大型半分を2種類求めました。1キロはあるだろう2つのフラーイケースが傾かないよう気をつけながらスナップ撮って街歩きをするのは大変でしたが、さくっと軽く個性をおさえたタルト地に甘酸っぱいサクランボとリンゴのコンビは、上品でバランスのとれたおいしさ。苦労して持ち帰った甲斐がありました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中