オランダの茶色いパン

Digging into the taste of bread in Holland


コメントする

クロカントなパン Boterknopen

オランダ語にKrokantという形容詞があります。訳すと「サクサク」「カリッ」。冷凍フライドポテトの袋にもSuper Krokant!などの誘い文句が書いてあったりします。ものによりますが、日本でもサクサク、カリカリは最上の誉め言葉。洋の東西を問わず、サクッ、カリッは大切な要素なんですね。ちなみに、日本だと外側カリッ、中はふわっがセットになっていることが多いですが、オランダにおいては、中はズシッはあれど、ふわっはあまりお目にかかったことがありません。

ある日。いつもは通らない道でパン屋に出会いました。素敵な外観に誘われて入ってみると、クロワッサンの横に、見慣れないパンがいました。Boterknopen。knopenはknoopの複数で、knoopはボタンという意味です。

ぽってりとした形を作り出しているのは、幾重にも重なった生地。

かたそう。うまそう。

「これってクロワッサンと同じ?」「ほぼ一緒だけど、クロカントよ」と店員さん。バターが若干苦手なので、名前にBoter(バター)を冠するパンは、さぞかし濃ゆいのでは…一瞬迷いましたが、クロワッサンも普通に食べている自分に気づき、買ってみました。

オランダで食べるクロワッサンは少し外サクカリで中ふわ、あるいな全部ふわが多いのですが、このBoterknopenは最後までカリカリでした。

レシピを見ると、500グラムの生地に対し、バターは200グラム。同じサイトでクロワッサンのレシピをみたら、同量の生地で170グラムくらい。ちょっとバター多めですが最後までおいしく食べられました。

日本のコロッケが生パン粉でカラッと揚げてサクサクであるのに対し、オランダのクロケットは外側硬めで食感はどちらかというとカリカリ。クロワッサンもサクサク、ホロホロが命ですが、Boterknopenは最後までカリカリ。オランダの人たちはかためがお好きなのでしょうか。同じクロカントでも、微妙に違うのがおもしろいですね。

 

広告