オランダの茶色いパン

Digging into the taste of bread in Holland


コメントする

小さなピストルサンド Pistolet

オランダ全土、どこのカフェでもパンメニューは1種以上あるのは保証します。ブローチェとアウデカース(古チーズ)、ハム、クロケットなどのおなじみ具材はもちろんのこと、パニーニ、トスティなどパンを種類別に豊富に取り揃えているカフェもあります。

とある日、カフェでランチをとメニューをみたらピストレがありました。ピストレはPistoletと書きます。ベルギー出身のパンで、見た目はプールの小型、あるいはコッペパンのよう。”小型”であること、そしてここオランダでは、クラストかため、さっくりしたクラムと、ほぼプチバケットです。

img_3043名前の由来は、拳銃の「ピストル」から、昔使われていたコイン「Pistole」からと、諸説あります。

ベルギー人にピストレってどんなパン?と聞いたことがありました。「小さいパンで、バケットに似てるかなあ。日曜日になると、ピストレを山のように入れたバスケットをテーブルの真ん中にドン!っと置いてね、ハムとか、チーズとか並べてね…」に目をキラキラ輝かせて、途中で味まで思い出したのか、うっとりしながら話してくれました。

写真はGebakken ei(卵焼き)とSpek(ベーコン)です。

 

広告