オランダの茶色いパン

Digging into the taste of bread in Holland


コメントする

季節のスパイスクッキー Speculaas

11月の声を聞くと、オランダ全土はザワザワしてきます(特に子ども)。それはシンタクラースの行事月に入るからです。

一年の行事のなかで最も盛大かつオランダ人がもっとも大切にしているシンタクラース。サンタクロースおよびクリスマスの原型と言われています。

11月中旬、シンタクラースという赤い帽子に白いヒゲの聖人がお供のズワルトピートを連れて蒸気船に乗ってスペインからオランダにやってきます。オランダ中に散らばるよい子を訪ねて歩き、12月5日にプレゼントを配って、翌日再びスペインに戻ります。

シンタクラースが船でやってくる様子は生中継されるほどで、スペインに帰るまでの2週間あまり、彼らを街中で見かけることもあります。最近はこのズワルトピートの真っ黒な顔が人種差別だと物議をかもしていますが、かえって煽っているのではないかという気がしないでもないです。とにかく、楽しみにしている子どもの夢の邪魔になるようなことにならないといいなと思うのでした。自分がオランダで子どもだったら、眼キラキラの行事だったと思うもの。

さて、そんなシンタクラース時期に配られるお菓子の中にスペキュラースという茶色いクッキーがあります。コショウ、シナモン、ジンジャー、クローブ、カルダモン、ナツメグが配合された独特の味がするスパイスクッキーです。聖ニコラス由来の模様やイメージを表面にかたどるのが特徴です。最近は、11月のみならず、スーパーなどで一年中買えるようになりました。でも、せっかくならパン屋さんでこの時期に自家製スペキュラースを食べたいものです。

スパイスがかなり効いた味ですが、シナモン好きな人ならいける味です。日本では出合わないツンとくる風味と、真っ赤な帽子に真っ白おひげのシンタクラース。馴染みはないけれど、おいしいスペキュラースに、なぜか、『ブレーメンの音楽隊』の暗いけれど魅力たっぷりのおはなしや挿絵に目が離せなくなった、小さい頃を思い出してしまいます。

img_7565

アンティーク市で、スペキュラース用の木型が見つかります。

img_0370

広告