オランダの茶色いパン

Digging into the taste of bread in Holland


コメントする

やっぱりぶどうぱん Krentenbol

レーズンまたはカラント(黒スグリ)が入った、ふわふわの丸いパン。特にオランダのパンというわけではなく、イギリスやドイツにもあります。

日本でもぶどうパンはおなじみですが、こちらのパンとはぶどう含有量が違います。レーズンあるいはカラント、あるいはその両方がゴロゴロ入っています。レーズン好きなら大満足ですが、そうでもない私にはちょっとレーズンが多すぎて、素パン部分をもう少し残してほしいなという印象でした。たいやきも、あんこたっぷりの胴よりも、しっぽが好きなもんで。

s-IMG_4148このぶどうパン、その昔、カソリック教会でお葬式の時に近隣や貧しい人にふるまわれていたそうです。古くからあるパンだからか、はたまたお葬式にふるまわれていたという歴史があるからか、オールドファッションなパンというイメージがあるようです。今はやりのスペルト小麦パンとか、ライのリーンブレッドとかを好む人からは、そっぽを向かれている不遇な扱いを受けています。

そういったリーン系のパンとか、食材にこだわったお菓子などを置いている今風のおしゃれなベーカリーを経営する知り合いに、「あなたのお店でいちばん売れているパンって何?」と聞いたら、苦々しい笑顔をうかべ、「Krentenbolなんだよね、実は…」。

たいていのパンは、お店のオーブンで焼いているのだけれど、Krentenbolは工場で焼いてお店に入れているのだとか。お店いちおしのこだわりのアイテムではなく、何の変哲もないオーソドックスなぶどうパンが稼ぎ頭という皮肉。「なんだかなーと思うんだけど、はずせないアイテムなんだよ、Krentenbolは」

リーン系だ、スペルトだ、なんだかんだと言いながらも、手がのびるのはやっぱりKrentenbol。トレンドと健康を意識しているのだけど、心の奥底が求めているのは、昔から食べつけているぶどうパン。安心するのかな。

Krentenbol、そのままかぶるよりも、横に切ってバターをたっぷりつけるか、チーズをはさんで食べるのが主流です。

広告