オランダの茶色いパン

Digging into the taste of bread in Holland


コメントする

あまずっぱいサクランボパイ Kersenflap

オランダ語でさくらんぼはKers(複数でKersen)といいます。6月末からスーパーに出回り始める夏の果物です。日本の佐藤錦のようなほんのりとした赤ではなく、えんじ色のダークチェリーです。ユトレヒト州のBetuweという場所が果物の産地として有名で、偶然、夏にそのあたりをドライブしたとき、道路沿いにサクランボ屋台が並び、さながらサクランボ街道のようになっていました。

ちなみにBetuweでは、春になると、桜の花見ならぬ、果物の花見スポットになります。

そんなダークチェリーをたっぷりと使ったKersenflapは、appelflapと同様、ざらめをまぶしたパイで、形も三角形が多いです(写真は半月型)。ざらめの食感を楽しむには、がっつりとかぶりつける鋭角が大切なポイントなんでしょうか。

Kersはフラーイというタルトでも定番のソースです。若干高めとはいえ、佐藤錦ほどでもないので、スイーツのソースとして惜しみなくふんだんに使うことができます。

KersenflapやKersenvlaaiを食べながら、気づきました。果物として食べるチェリーはやさしい甘さなのに対し、スイーツのソースになると、酸っぱさが加わり、きりっとした味になる。一方、甘さにすっぱさがきらっと光るストロベリーは、vlaaiでは若干しまりのないゆるゆるの甘さが勝っていた。熱処理を加えると、味に変化が起こるのでしょうか。ちなみに色目も、ルビーのようなサクランボソースに対しイチゴのほうは赤茶のずずっとした色でした(何もイチゴを陥れようというわけではないですが)。

そして、もうひとつ気づいたことがありました。日本ではスイーツのチェリーというと、パフェの彩りや、砂糖漬けだったり、どちらかといえばアクセントに使われることが多く、スイーツの素材としては今一つと思っていました。それは経験不足からくる誤解ではなかったかと。考えてみれば、1パックまるごとのサクランボソースを使ったスイーツって、味わったことがなかったかもしれません。毎年その時期になると楽しみにしていた果物だったのに、その奥深い魅力に気づいてやることができませんでした。灯台下暗し。すいません。Kersenflapをほおばりながら、サクランボを見直したのでありました。