オランダの茶色いパン

Digging into the taste of bread in Holland


コメントする

Hartogさんのマフィン再び

アムステルダムに行く用事がありました。最初の用事を済ませ、次の約束の時間まで1時間あまり。観光する気分でもないし…。そうだ、あのパン屋さんに行ってみよう。

アムステルダム中心街から地下鉄で数分のところにあるHartogというパン屋さんです。最後に訪れたのは2年前。このブログにも書きました。お目当てはもちろんスペルト小麦のマフィンです。

2年前は、ベーカリー、ベーカリー兼カフェの2軒に分かれていましたが、ベーカリー兼カフェの1軒になっていました。白にゴシック系の書体がきれい。

平日の16時頃でしたが、お客さんがひっきりなしに入ったり出たりしています。地元のオランダ人だったり、学生か駐在員のイギリス人だったり、相変わらずの人気ぶりです。

翌日、家でゆっくりマフィンを味わいます。バターあるいはマーガリンの分量が絶妙なのか、しっかり焼き上げてあるからか、外側が適度にかたく、重いです。94g。パサパサなのかと思いきや、生地はしっとりとして密だが、ボロボロ崩れることなく、小麦の味をかみしめられる。生地に練りこまれたケシの実がプチプチの食感を生みだし、酸味の効いたチェリーが生地の甘さを相殺します。やっぱり、文句なくおいしい。

私が訪れたときは、マフィンは3つだけ残っていました。列で待つこと数分、幸いにも買われなかったので、「3つください」と注文すると、私の次のおじさんが「僕も1つ欲しいんだ」(汗)。おじさんも楽しみにしていたんだ。「じゃあ、2つでいいです」。そう注文しなおすと、おじさんの顔に何とも言えない安堵の色が広がりました。子どもか奥さんに頼まれていたのかな。