オランダの茶色いパン

Digging into the taste of bread in Holland


コメントする

天然酵母茶色パン Desembrood

日本の食パンの半分の薄さ、ライトなふわふわ感のブラウンブレッドを常食していますが、たまにクラムがしっかりしたパンも食べたくなります。そんなときは、家の近くにあるBakkerswinkelへ。アムステルダム、ロッテルダム、ユトレヒトなどでこぢんまりとチェーン展開しているカフェで、店頭ではパンも売っています。あまりにも家に近いため、カフェ利用をしたことはありませんが、ハーグ店は店内もゆったりとしていい雰囲気です。

お店の自家製パンかと思っていたのですが、Vanmennoというベーカリーのパンだということがわかりました。Vanmennoは小麦粉、天然酵母など素材にこだわるAmbachtelijke bakkerij (パン職人の店)という部類に入るパン屋で、素材のみならずパンのもつ雰囲気にもこだわり、成功したチェーン店といえるでしょう。Vlaams Broodhuysと似ていますね。

ルヴァン種(オランダ語ではdesemにあたる)によるフレンチブレッドを売りにしているだけあって、クラムとクラストの固さバランスがいいです。ちなみに、デンハーグにはフレンチベーカリーもあるし、バゲットを置いているパン屋さんもあるのですが、クラスト今いち、クラムは密すぎと2重苦で……。Vanmennoのフレンチパンは、ブールを縦長にしたようなサイズ1キロのパンのみで、ほっそりとしたバケットは販売していないのが残念なのですが、それでも主張のあるクラムをかみしめながら、しっとりとしたクラムをほおばるという久しく体験していなかったフレンチブレッドの楽しみを思い出させてくれました。

普通の茶色食パンが1ユーロちょっとで買えるところ、こちらは半分(500g)で2.9ユーロ。お高めですが、クラムがしっかりしているので、食パンより長持ちします。

 

 

 

広告