オランダの茶色いパン

Digging into the taste of bread in Holland


コメントする

海の名前の素朴パン Waddenbrood

いつものパン屋からちょっと河岸を変えて訪れたパン屋さん。全粒粉(Volkoren)のラックにずらずらと並ぶ茶色パンに、見なれない顔ぶれがありました。Waddenbroodというパンです。

Waddenて、北側に広がるワッデン海のことかいな? 塩味??

家に帰って調べると、ワッデン海のあたりでとれた小麦で作られている、全粒粉にライ麦を配合しているとありました。ワッデン小麦という名の小麦粉もあり、風車で粉ひきされた小麦粉も売られているようです。

ワッデン海はそのものが干潟であり、寄せては返す波で海から運ばれたミネラル成分が泥土に豊富にたまるので、その地に茂る牧草をはみはみして育った牛は乳牛として優秀で、その種がホルスタインの原種となった…という話を聞いたことがあります。ちなみに、このWaddenbroodは乳糖フリーなので、牛乳アレルギーの人も大丈夫、というのがちょっと皮肉ですね。

食べた感想はというと、自然食品ショップのおからクッキーを思い出しました。味が似ているわけではなく、何というか味気ない…。おからクッキーはバターも使っていないし、砂糖も控えめだし、健康おやつとしては優秀なのかもしれないですが、どこか楽しくない。ビーガンどころか肉も大好き、グルテンフリーどころかグルテン大好きな私は、素パンを楽しむには修業が足りないのかもしれません。なんの修業かわかりませんが。

カリッとトーストして、ジャムやらハチミツやらをどこってり塗ったり、ハムとサラダをこんもり乗っけて楽しみました。許してください!

 

広告