オランダの茶色いパン

Digging into the taste of bread in Holland


Eierkoeken たまごパン

スーパー、ベーカリー、どこIMG_2882にでもおいてあるEierkouken。Gevulde Koekと同じく、オランダ人の甘パンとして欠かせない存在です。

朝食としてというより、日中気が向いたときに楽しむスナックのようなパンで、形から日本の甘食を彷彿させますが、直径は10cm位と大型で(Gevulde Koekといい、10cmが好きですね)、中央がかすかに盛り上がっていますが、ぺったりと平たい形をしています。

オランダ語で卵は、Ei。卵をたっぷり使ったパンで、食感はスポンジケーキほどふわふわではなく、甘食ほどパサパサでもなく、口の中で絡むようなしっとり感もあり。さしずめスポンジケーキを潰して、ぬれせんべい化したといえば、近くなるでしょうか。IMG_2885

Eierkoekenは、ほのかにすっぱいような香りと味がします。このパンには膨張材として、重炭安(炭酸水素アンモニウム)が使われおり、この膨張材はケーキなどにも使われています。熱を加えると、水と二酸化炭素、アンモニアに分解され、水は蒸気となって生地を膨らませます。卵をたくさん使うので、重曹(炭酸ナトリウム)よりも膨張倍率の高い重炭安を使い、そのおまけとしてちょっとだけアンモニア臭がするのです。

こう書くと何だかおいしくない印象を与えてしまいますが、そんなことありません。1個85カロリー(うち卵が82カロリー)と、オランダ人のカリスマダイエッターも認めるたカロリーの低さ、こんがりと黄金色に焼けたパンは、あっさりとしていて、コーヒーと一緒にパフッとかぶりつきたくなるおいしさです。2個はいけます。

日本で卵パンといえばフワフワのスポンジで甘ーい味を連想しますが、オランダの卵パンは、大きくて卵もたっぷり使っているのに、夢のようなケーキに走らず、どこか質実剛健。国民性ですかね。

適度に詰まった生地

適度に詰まった生地

 

 

 

 

広告


Koffiebroodje コーヒーパン

編集_IMG_2178名前にコーヒーがついていますが、コーヒー味というわけではなく、コーヒーと一緒に楽しむ甘いパンです。朝ごはんや昼ごはんではく、お茶の供。日本でいうところの茶菓子のような存在のパンです。生地にレーズンを入れて、外側にアイシングをかけるのがお約束のよう。うずまきの間にフィリングするカスタードはグレーゾーンのようで、パン屋さんによってさまざま。また、見た目はパンオレザンのようですが必ずしもクロワッサン生地ではなく、白パンの生地を使うこともあります。

私が食べたコーヒーパンにはレモン味のカスタードが挟まれていて、酸味が甘味を相殺して軽い感じに仕上がっていましたが、たいがい甘い。コーヒーにこれでもか!と砂糖をいれることが多いオランダ人、そのお供がこのペストリー。大丈夫なんでしょうか。

ジューシーなレーズンでさわやかさがアップ

ジューシーなレーズンでさわやかさがアップ

■レシピ

250 gr. bloem
10 gr. gist
60 gr. boter
3/4 tl. koekkruiden
40 gr. bruine suiker
100 gr. krenten en rozijnen
1,25 dl. melk
1 ei
snufje zout
Vulling:
60 gr. bruine suiker
1 tl. kaneel
30 gr. boter
Afwerking:
honing
Glazuur:
1 kop poedersuiker
1 el. melk
15 gr. boter